THE WORLD OF THE NEANDERTHAL のblog

趣味で釣りや登山、山菜採りなんぞやってます。エリアは日本の東北、イギリス・ロンドン周辺。その他思いついたこと、その時々の関心事を適当に書き散らしています。 Hobbies: freshwater fishing, foraging, mountaineering, stream climbing (sawanobori) and travelling. Location: Tohoku, Japan and London, England.

渓流解禁日、遂に来たる。

日の出の1時間ほど前に、とある沢-「岩魚谷」とでも申し上げておきましょうか-
に到着、真っ暗闇の中釣り開始。
その昔イワナ釣りに嵌まり始めた頃足繁く通った沢です。

餌はブドウ虫とミミズ。
まだ寒くて活性が低いせいか、魚の気配も反応も極めて希薄で不安が募りましたが、空が白み始めた頃ようやく初岩魚を手にすることが出来ました。本日は最終的に4匹の釣果を得、うち良型3匹を塩焼き用に確保。山菜は葉物はまだ時期尚早でしたが、バッケとワサビは十分な量が採れました。

正午近く降雨の本格化に伴い納竿、帰路につきました。

ちなみに今回はリール&ルアーも試してみましたが、悪いのはおれの腕か魚の活性か、全く無反応でした。
もう少し暖かくなったら渓流テンカラとルアーに挑戦してみようと思います。


The long-awaited Trout season began today here in my region.

Having hardly slept the night before due to excitement and expectations, I found myself initiating my first Char fishing session of 2019 at 'the darkest hour before the dawn' in good old 'Char Valley'.
When I started to get into Char fishing, I would 'commute' to this very stream every week.

After a couple of hours and an absence of any sign or reaction from fish, I was almost going to declare this a dead river.
Yet, persistence slowly started to pay off. I managed to get four char in total during this session, all of which I caught with live bait.

This time around I also tried lures but with no response at all.
It could be either because of a lack of skill on my part or the lack of energy of the fish due to low temperatures.
I look forward to giving lure and tenkara fishing a go for trout/char when it gets a little warmer.



KIMG1385
今回はここで引き返しました。この上にも魚はいます。
The point of return; I was wearing my waders, so had no intention of sawanobori or extreme stream climbing. Having traversed beyond the waterfall before, I know there would be lots of fish over there!
 
KIMG1384
薄明に飛び出した本年初の岩魚さん。
It was still dim when I finally managed to pull out My First Char of 2019.

KIMG1412
本日最大の尺物。痩せているくせに尾びれが不釣り合いに大きな個体。
岩魚はにょろにょろと蛇のように地面を這って進むのが得意。渇水時には水を求めて地上を移動すると言うのは本当でしょうか?
The biggest catch of the day; 30 centimetres of Char with an extremely large tail fin, that is out of proportion to the rest of its body.
He was crawling like a snake on land to escape back into the stream. Hence, some people say that they are actually land creatures rather than fish!

KIMG1416
釣っている最中に枯れ枝に引っかかってしまいました。
Got him stuck in the twigs(-_-;)


KIMG1419
Hello!

KIMG1397
清流のワサビ
Wild Wasabi on a crystal-clear stream.

KIMG1389
少しだけ生えていたホンナ。香りと食感がよくお浸しにして食べると最高。
Hon'na; one of my favourite sansai(edible wild plants). The fragrance and crunchy texture are best enjoyed served lightly boiled. 

KIMG1391
山菜「ミズ」の新芽
Young leaves of Mizu, another popular sansai.

KIMG1423
バッケ、ホンナ、ワサビ。
Bakke to the top, Hon'na on the bottom left, and Wasabi to their right.


北国にも春到来、
今日の最高気温は13℃。
実家から自転車で行ける距離にある沼に行ってきました。

午後2時前到着、渓流竿2本で釣り開始。
ときどき大きな魚が跳ねています。
しかしおれの仕掛けにはちょこちょこ小魚らしい微動はあるものの、何も掛かりません。
午後4時過ぎ、アタリが…ウキが大きく鈍い動きをしています。合わせると掛かりました!これはでかいぞ…
「冬眠覚めやらぬ」活性の低い時期とは言え、そこは怪力の強者…これを渓流用の延べ竿と柄の無い小さなたも網で釣るとなると慎重にならざるを得ません。
15分ぐらいの駆け引きがあったでしょうか...無事に60数センチほどの鯉を上げることが出来ました。撮影会の後リリース。

日暮れ前、この沼の水源となる河川との出合いに移動...実家から直線距離で300m以内の場所。糸を垂れると小物らしい反応があります。
しかし掛からん…よほど口の小さな魚でしょうか。
そうこうしているうちにスーッと…大きな鯉が視界に入って来、目の前の水没している藪の下に入りました。
もう鯉はいいや、むしろ雑魚釣りがしたい…と思っていると…
ハイ、掛かってしまいました笑
こやつは前のやつより更にパワフル…しかもこちらは足場が悪い…20分を超える悪戦苦闘の末、70㎝ほどの鯉を何とか確保することが出来ました。

撮影後、魚もおれも早々に其々の家路に就きました。善き哉!^^


The weather today was absolutely gorgeous, with the temperature reaching a high of 13 degrees Celsius.

Of course, I set out to make the most of the day, on the swamp near my residence.
Two hours passed pretty uneventfully, which did not bother me at all, for I immersed myself in a humming-inducing, idyllic setting.
Then the floater started to bob up and down. The movement was not very quick, but pretty big and consistent. I snapped the tip of my rod... to get it hooked!   
After 15 minutes of tug of war, I was successfully able to land My First Carp of 2019.

On my way back, I stopped by the source of the swamp, where it joins the river which is just 300 metres from my parents'.
After being taken advantage of and fooled by small fish, another Carp, even bigger and more powerful than the last took my bait!
As a result of 20 minutes or so of exchange, I once again could capture a beautiful golden beast at dusk.

There could not have been a better way to spend a lovely spring day than this.
WHAT A GREAT DAY!
 
KIMG1362
本日の釣り場の沼地。
The Swamp.


KIMG1360
The swamp from a different angle.

KIMG1342
My First Carp of 2019.

KIMG1207
本日第2の釣り場、2週間ほど前に撮影。もう雪はほとんど消えていました。
The second swim of the day, taken two weeks earlier. The snow's almost gone now.

KIMG1210


KIMG1366
2匹目。
The second and last one. A powerful and beautiful beast. 

昨日から雪が降り続き寒さがぶり返しています。これでは釣果など望めないし第一億劫だ…ということで本日は、釣り場の下見と里山歩きを兼ねて雄物川沿いをぶらりと歩いてみました。

目指すは国土地理院地図記載されている、川岸のとある丘陵地帯。
この辺りは山菜の宝庫!木の芽系が豊富に生えていて、暖冬のせいか驚くべきことに早くも萌え始めている株もありました。あと一か月もすれば食べ頃になるかも知れません。

少々遠出にはなりましたが、山歩きの楽しさを再発見できた一日でした。

It has been blizzarding as if the winter's been striking back here since yesterday. This is not good for fishing... so I decided to take a break from it and went for a leisurely walk along Omono river in hope of finding a potentially fruitful swim.

At the end of the day, I happened to have climbed two small mountains( or rather, hills).
It was nice that I was able to rediscover my love of hiking/mountaineering.


KIMG1278
雪の雄物川。サクラマスの到来も間近とか。
Omono river under snow.
Soon the Sakuramasu (lit. means "Cherry-blossom Trout") will start to return from the sea.

KIMG1286
川沿いの小さな神社の鳥居。
The gate of a small shrine on the hill by the river.

KIMG1287
神社の杜は大変きれいに手入れされており爽快。
A pleasant climb in a well-maintained wood up to the shrine.

KIMG1289
丘の稜線から川を望む。
Overlooking Omono river from the hill ridge.

KIMG1292
Wild chestnut shell with a dusting of snow.

KIMG1295
海抜68m、丘の上の小さな祠。
The Shrine at 68 meters above sea level.

KIMG1300
74.1m峰頂上。三角点、久しぶりに見ました。この山に登山道はありません。やはり山歩きは楽しいですね^^
It's been a while since I last saw a 'triangle point'. This particular one marks 74.1 meters above sea level.
There is no trail to it.

KIMG1307
ハリギリ。その芽は見た目タラの芽そっくりで食用になりますが苦みがあり旨みは少なく、触感もボソボソ。個人的にあまり好きではない山菜です。
Harigiri, one of the edible wild plants (sansai). The shoots can be eaten which taste similar to Taranome, one of the most popular sansai, but not as good.

KIMG1310
タラノキの新芽。「山菜の王様」との呼び声も高い。
Taranome, widely praised as "the king of sansai".

KIMG1306
コシアブラ。早くも萌芽の兆しあり!
Young Koshiabura shoots, one of my favourite sansai, were found here and there on the mountain.


KIMG1318
山の麓にはお地蔵さんが祀られていました。
Jizo, or stone statues of the guardian deities of travellers and children, were enshrined on the foot of the hill.

少年時代、実家から自転車でよく遊びに行った堤。今回の滞在中何度か立ち寄ってみましたが、まだ湖面は凍っていました。しかし先日来続く暖かさでようやくその氷も溶けた模様。

堤に流入する二つの沢のひとつに当時、洞窟があって探検したりしたものですが、その辺りにはよくカワエビ(テナガエビ)捕獲用と思われる罠が仕掛けてありました...

俄かに蘇ったそんな朧げな記憶をたよりに自己流で拵えた即席エビ罠を昔洞窟があった辺りに、また沢の出合いにミミズとサシを付けた仕掛けを放り込んでおきました。

翌日、見にいってみると…
エビ罠は見事に空振り(´;ω;`)
ザザムシの一匹も入っていません。
餌を付けた仕掛けのほうは…何やらピーンと張っています。
手繰り寄せて見ると弱弱しい手ごたえながら、何やら掛かっているようです…
陸揚げする直前にそれらしい抵抗が僅かにあって、魚だとわかりました。
ぬっ…
人生初のヘラブナが姿を現しました。

こどものころにはここに箆鮒が生息しているなど、聞いたことがありませんでした。
魚釣りにそれほどの興味がなく、知識が乏しかったことにもよるのでしょうが、
やはり後年放流されたものと思われます。

こやつ、水質の良い場所の寒鮒でしたので、採取したバッケを薬味に漁れたての「鮒こく」と相成りました。
頭から肝まで無駄なく鍋でコトコトと…
野締めの後泥抜きもせず内臓周りの脂肪もそのままでしたが、その味は泥臭さがなく旨み豊か、適度に脂が載っていてなかなかのもの。冷酒との相性抜群の早春の味覚を思いがけず堪能することとなりました。

There is this lake in my hometown, which is within biking distance from my parents' where we children used to go and play. There was a cave in one of the streams which flowed into it. Kids would explore it, play around on the section of the brook and mess with the fishermen's traps set on the riverbed to catch the Freshwater Prawns.

As the water surface of the lake finally thawed out, out of nostalgia, I went to see the place. With the same kind of trap in tow, but of my own creation,  I placed it in the stretch where the cave had once been.
I also threw a rig with an earthworm and maggots into a point where those two streams meet the lake.

On the following day, I went there to find that the prawn trap was completely empty(´;ω;`)
then moved on to check another one in the confluence.
As I untied the knot of the line on the tree, I could feel something was on the other end of it. It felt quite feeble, so it was not until just before I landed it that I realized it was actually a fish...
which was to be My First Ever Herabuna or the Japanese White Crucian Carp.

Widely regarded as the original game fish of the nation, not so many people take it to eat.
I would.
Because I knew that the water is very clean there and coarse fish have the least unpleasant odour in their flesh in the winter, I had no excuse not to try my first Herabuna.
The fish made nice miso soup - very clean tasting but rich in delicious fat - with refreshingly scented chopped Bakke (a type of edible wild plant or sansai) that I had picked also on the spot.


KIMG1258
カワエビ捕獲用罠。竹の枝と藁縄で自作した完全生分解性エコフレンドリー…
されど肝心の獲物は掛からず。
Totally biodegradable, eco-friendly Prawn trap of my own creation.
If only I could catch some with this...

KIMG1260
2本の沢と堤との出合。ここにサシとミミズの仕掛けを沈めておきました。
The confluence that I put my rig trap in.

KIMG1266
初のヘラブナ。
My First Ever Japanese White Crucian Carp.

KIMG1268
バッケとヘラブナの輪切り。
初めて獲る魚種は一度は食べてみないと気が済まない性分。
And then they were food.

KIMG1272
「鮒こく」、バッケ微塵切り、冷酒。
Fish miso soup with chopped Bakke, served with chilled sake.

―冬でも帰省中でも釣り―

 

39日、前日までの悪天候も厳しい寒さもだいぶ緩んだ小春日和、少年時代よく父に連れられ兄弟で釣りをした場所をたずねました。


林道は雪に埋まっているかと思いきや、暖冬のこととて車の走行に支障はなく、思い出の沢のすぐそばまで乗り入れることが出来ました。路肩で石ころ集め?をしていた老夫婦に挨拶し、立ち話となりました。おじいさん曰く、沢はそのまま残っているが、近年ブルーギルが増えてしまったため、在来の魚種がほとんどいなくなってしまったとのこと。本当ならばショックですが、まずは自分の目で見、釣ってみないことには始まりません。


沢の中を歩いて懐かしの淵に到着…幸い水面は凍っていません。さっそくサシ(蛆虫)とブドウ虫を餌に釣り始めましたが、しばらくは魚影もアタリもありません。まだ魚は「冬眠」状態かなぁ、釣りは無理かなぁ、と思い始めたとき...淵の中央、最深部に魚群を発見!餌をミミズに換え真上に狙いを定めて一投...瞬く間にウキがぐぐっと下がり、紫がかった金属色が美しい追河(オイカワ)が掛かりました^^その後2時間ほどの釣果は134匹。うちアブラハヤが2匹、後は全てオイカワでした。


こどものころ、ここではアブラハヤばかりが釣れていたような気がするのですが、記憶違いでしょうか?もっとも当時は魚種の知識もなく、なんでも「雑魚」「小魚」と一緒くたに考えていたので、実際はハヤもオイカワも漁れていたのかもしれません。ともかくも、認識できる限りにおいては「人生初の」オイカワを釣ることが出来ました。

ちなみにオイカワの学名は「Zacco platypus」というらしいです❕  「ザッコ」…雑魚?…これは単なる偶然なのでしょうか?(追記:wikipediaによれば古くは「オイカワ属」に含まれ姿かたちもオイカワによく似ていて共に「雑魚」と括られがちであった魚「カワムツ」をヨーロッパに紹介したのはかのシーボルト。2008年にカワムツとヌマムツがこのオイカワ属 (Zacco) から新属のカワムツ属「Nipponocypris」 に分離されましたが、このオイカワの属名「Zacco」は日本語の「雑魚」(ザコ、東北・北関東ではザッコと呼ぶ)に由来する。とのことです!(*_*) )


沢筋に初物のバッケ(フキノトウ)が顔を出していたので少々採取、オイカワ数匹とともに持ち帰りました。夕食に母がそれを天婦羅にしてくれ、美味しくいただきました。

 

物があふれる現代でさえ、自然の中で、自分で捕って(採って)食べる…そのなんとも形容しがたい充足感、生命の躍動。これは一体何なのでしょうか?

我々の生活がいかに都市化されようと自然から隔絶されようと、脳に深く刻み込まれた狩猟採集民の本能には抗えないのかもしれません。


訂正:

後から調べてみると、どうもこの日釣った魚の大半は「カワムツ」(川鯥)である可能性が大です。

東北には本来いない種ですが近年分布域を広げているらしく、この水系にも進出してきているのかもしれません。

近縁種であるヌマムツ、オイカワ(本種ももともとは東北地方以北では国内外来種)とも交雑するらしく、ますますもって紛らわしいです💦

どなたか詳しい方、ご指導下さい(^-^;


9/March/2019


It’s been forecasted that we are going to have a lovely, warm, sunny weekend here in my hometown in Tohoku, Japan. Needless to say, missing the opportunity to enjoy fishing in a beautiful setting which holds a very special place in my heart - the stream where my dad used to take my brother and me when we were kids - was not an option for me.


Contrary to my expectation, the unpaved road which leads to the spot was mostly clear of snow so I could drive right by the swim. I saw an old local mum and pop by the side of the road, whom I asked whether they knew if the spot I was going to remained the same as the old days. Pop told me that the stream was unchanged, but because of the recent rampage of invasive species(namely the Bluegill), native fishes have been severely marginalized. Feeling doomed, I got myself walking towards the swim.


Luckily, the familiar spot with a deep pool under a waterfall was not frozen. I started with some maggots then with caterpillars, but the offer was not reciprocated… After a while, I started to suspect that they could still have been "hibernating" under layers of dead leaves. Then I happened to spot a school of fish floating at the bottom of the deepest pit in the middle of the pool. I changed my bait to an earthworm and dropped it right above it. The float sunk immediately and the next moment I got Oikawa or the Pale Chub at the end of my line. The fish had a shiny silver body with a trace of metallic purple or blue, an absolute stunner. In the next 2 hours or so, I could get more than ten of them and two Minnow.


The swim back then as I remembered was only inhabited by the Minnow and Dace, but not the Pale Chub. However, looking back, I have very limited knowledge about fish species nor did I care then, so Oikawa could very well be there. If that’s not the case I would like to call those fish I caught today “My first ever Pale Chub”.


I took some of them with Bakke, one of my favourite sansei(edible wild plants) to my parents' for dinner. My mum cooked tempura with them.


When we catch, pick, cook and eat from Mother Nature... we feel so satisfied, so alive like no other. I guess no matter how much urbanised our lifestyle would be, the hunter-gatherer instinct would still remain some irresistible force in our brain.


P.S.


After learning more about Zacco and its related genus, I have come to suspect that most of the fish I caught on that day could well have been Kawamutsu or the Dark Chub, rather than the Pale Chub. It is in a genus that is closely related to Zacco, to which the Pale Chub belongs.

To make it more confusing, it is common that those species cross-breed with each other.

The natural habitat of the Dark Chub was originally confined to western Japan, but they have inadvertently expanded their territory when their fry(juvenile fish) accidentally got mixed in when authorities were stocking other fish. Now they can be found throughout the nation.

By the way, the Pale Chub themselves, also originally from western Japan, are invading species in Tohoku.



KIMG1227
Under the bridge, wading through the stream, we would go to the 'secret' swim.

KIMG1236
"The Holy Pool"

KIMG1233
Is this Chub "Dark" or "Pale"?

KIMG1241
And then one,

KIMG1250
After,

KIMG1248
Another.

KIMG1246
With some occasional Minnow.

KIMG1253
Bakke, Nature's gift for us in the early spring.

KIMG1256
Bakke and Kawamutsu (and/or Oikawa?) Tempura

ワトフォードはゲイド川に行ってきました。
地下鉄メトロポリタンラインの終点「ワトフォード」駅下車。

無料で遊漁可能なCASSIOBURY PARK園内(もちろん,rod licenceは必要)は、コンクリート化されていない自然な河辺がほとんどでなかなか良い雰囲気。しかし日曜ということもあってか家族連れで大賑わい...人嫌い、子供嫌いのおれには耐えがたい空気。こんな田舎のどこをつついたらこんなに人が沸く?というほどでした。それでも何とか人目につかない快適な釣り場をいくつか見つけました。手持ちのハリス付針はわずかに3本… 4、5年前に買って劣化しきっている小物釣り用の華奢なやつ。

二筋の川が合流する深場、いかにも釣れそうな感じのところで竿を出してみると
アタリ!
すごい引き!
チャブのでかいのかな?
潜る潜る!
プツッ…
ハリスから切られてしまいました(-_-;)

日暮れ頃、またアタリが…
同じ手ごたえ。
今度は慎重に...
ランディングネットを手に長期戦に備えていると
プツッ...
バレてしまいました(´;ω;`)

あの感覚はチャブではなさそうです。
この川は数は多くないもののバーベルもいるそうです...
あの果敢なファイトは、まだ見ぬバーベルだったのでは...?

結果はボウズに終わりましたが、口惜しさと次回に繋がる楽しみを味わった釣行でした。

しかし、釣具は消耗品なので新しいものでないとだめですね(-_-;)
日本に帰ったとき大量にメイドインジャパンの釣具を買い込んでこよう...

Fishing (attempt...) on the River Gade in Watford
Cassiobury Park was absolutely teeming with families and kids...I did not expect the countryside to be as infested with Homo sapiens as it was(-_-;)
However, I managed to find a few nice, quiet river banks for me to sit, relax and fish on.
The only rigs I had for the session were a couple of small, ragged ones I had bought years ago.

In a deep pocket of water where two tributaries meet
Something snatched my rig hard and dove deep
After a few minutes of tug of war
It snapped the rig and got away
I let out a roar

Towards dusk, it struck again
It did not feel like a Chub,
However big it was.
It dove deep, ran up and down the stream,
Before it broke away from the hook...
Me...I scream!

It could well have been a Barbel, for it was way too powerful to be a chub.

All the rigs I brought had run out by this time, so I called it a day.
However elementary it was; what a frustrating yet valuable lesson to learn,
Fishing tackle has to be new and sized correctly!

On my next journey back home, I'll buy some in bulk to prepare for my next series of adventures^^ 'Made in Japan' of course!


KIMG1156
What ford are you going to? What? What ford? No, it's Watford!

ここのところイングランド南東部では珍しく温和な晴天が続いています。
そんな青空の下、ロンドン地下鉄で行くことのできる、あるチョークストリームまで出かけてきました。
(チョークストリームとはチョーク(石灰質・白亜層)の土壌にろ過された清流のこと。)
狙いは「沢のレディ」と称されるグレイリング。

この魚は一見すると「トビウオとウグイを足して2で割った感じ」ですが、実はブラウントラウトと同じくサケ科に分類されています。
ところがイギリスの遊漁規則ではその見た目のせいか、伝統的に「coarse fish」(雑魚)に分類されサケ科(鱒類)の禁漁期は適応されません。

さて
件の沢の第一印象は、下調べからの予測通り「浅い…」
グレイリングも他の渓魚の気配もありませんでした。
野原の散策を堪能して、丸一日の収獲はチャブ3匹、ミノー2匹のみ。

釣果は芳しからずとも、麗しき小春日和を田園に遊び、心の洗濯ができました。


We have been experiencing a series of uncharacteristically warm and sunny days in South-East England over the last few days, so I decided to take advantage of it with a fishing excursion on the tube.
The goal of this journey was to catch a Grayling; nicknamed 'the lady of the stream'.

The Grayling is a unique species - although it looks somewhat like Dace with large long fins, especially in the dorsal region, biologically it is classified as a type of salmonids.
However, it has traditionally been recognized as a coarse fish under British fishing regulations,  possibly because of its look.

As I had come to expect from my studies beforehand, my first and overall impression of the river was that it was quite shallow.
Throughout the day I walked along the stream, there was no sign of the Grayling nor any other salmonid fish in the waters, having concluded the day with merely 3 Chub and 2 Minnow.
Despite the relatively poor result, walking under the clear blue sky in the beautiful countryside was absolutely soul cleansing.

 
KIMG1133
青き田園の鏡像。
A mirror image of the day.


KIMG1138
藪をわけて。
Thrusting my way into the shrub.


KIMG1131
チャブ...
Chub...



KIMG1134
またチャブ...
After Chub...

KIMG1140
もうチャブええわい!
ええかげんグレイリング出さんかい!
...と、チャブ台返しをするニッポンのお父さん。
Where's my Grayling?


KIMG1137
どろんこミノー
A muddy Minnow.


KIMG1142
また、遊んでね。

リー川、ブレント川、テディントンロック(テムズ川)、フレイ川、コルネ川、エンバー川(サリー州)、ホグズミル川、リージェンツ・カナルとスラウ・アーム(大連合運河)、ブラックウェル・ベイズン(ドックランズ)…。

釣れないのはおれの腕と運と冬の寒さのせい(?)、どこにでも魚はいるはず...(^-^;

River Lea, Brent River, Teddington Lock on river Thames, Fray's River, river Colne, River Ember(Surrey), Hogsmill River, Regents Canal (Ground Union Canal), Ground Union Canal Slough Arms and Blackwell Basin (Docklands),...

It is not because there is no fish in those waters but because I am such a rubbish angler with no luck, and the water is too cold in winter...

KIMG1037
A bird on river Lea, who also complains about lack of fish in the waters...
リー川の水鳥「こんなドブ川に魚いるのかね?」


KIMG0986
リージェンツ・カナルの柳
Willow on Regent's Canal


KIMG1123
霰降るホグズミル川。
Hogsmill River in the hail.

KIMG0813
I have been to Lock Island in Teddington Lock twice in vain...
テディントンロック@テムズ川。2回行きましたがボウズ。


KIMG1011
Looking over the Thames and the City from the Shard.
ヨーロッパ最高層のビル「シャード」内のレストラン「アクア」からテムズ川、シティをのぞむ。
家族サービスの日も、頭の中は釣りばかり。


KIMG1023
Map of London at the Shard. What fish awaits me here...?
シャード内、ロンドン地図。この街のどこに、どんな魚が潜んでいるのでしょうか?

ロンドン郊外の某河川…
デイスとバーベルを狙っての釣行。

目的のバス停に近づくにつれ下校する学童が増えてきました…童どもは水鳥や犬と同じく釣り人の天敵(^-^;
「釣りしてんのかー?」-子ども1名に声をかけられただけで無事通過、橋の下の人目につかないスポットを発見、腰を落ち着け釣り開始^^
なかなかに釣れそうな雰囲気、魚も時々跳ねています。
ミミズをぶっこんでしばらく待つと、アタリが…何者か、けっこう大きな引き!
しかし合わせが甘かったのか、ジャンプの後、結局バレてしまいました。

30分ほどしてすっかり辺りが暗くなったころ、またアタリが。
合せるとジャンプして猛烈に暴れまわる!
この暴れ方、デイスではないぞ?
たも網ですくってみると…
…まさか?
なんとそのまさかの、人生初のブラウントラウトが釣れてしまいました。
この魚もスズキみたいにエラ洗い(=エラを広げ身を捩ってジャンプすること)するんですね!
イワナやヤマメのような日本の渓流魚とは違う感覚。
歴戦の強者らしくあちこち創だらけで口には古い釣り針がもうひとつ引っかかっていました。
ロンドンを含むイングランド南西部でトラウトは現在禁漁期。
迅速に針を外し撮影後、丁重にリリース。
元気よく帰って行ってくれました。

事故とは言え夢の釣果に、携帯しているスキットルのジャックダニエルで川辺でひとり祝杯をあげました。

On an undisclosed river in the suburb of London

Towards the destination on the bus, school kids started to show up in large numbers...those little Curious Georges could well be anglers' nightmare, along with birds and dogs.
Luckily, I found a hideout to sit and fish peacefully, in a narrow space under a bridge out of sight of my nemeses.
After a while, something snatched my earthworm, putting up some fight before it jumped and broke away.
30 minutes or so later, it struck again, jumping and darting fiercely before I secured the creature in my landing net!
It was not the Dace that I was after, but what was to be My First Ever (accidental) London Brown Trout.
I could see he was a seasoned warrior with scars and marks all over his body, with an old rig hooked in his mouth.
After unhooking and a quick photo shoot, he was released back into the waters in good spirits.
I toasted to the fish with Jack Daniels in my flask on the spot.

WHAT AN EVENING!

KIMG1075
午後5時近く、日暮れ間近…
Around 5pm, towards sunset...

KIMG1074
ブラウントラウトが出た橋の下。
Under the bridge...

KIMG1060
初のロンドン・ブラウントラウト、30cm!

茶鱒どん、今宵は大変失礼致しました。
しかし古い釣り針を外してあげられたので結果、釣り上げてよかったかな?
また解禁後にお手合わせ願います^^!

Here comes My First Ever London Brown Trout, 30 centimetres in length!
Sorry for bothering you during closed season,
but I was happy that I could relieve your discomfort by taking off your old rig.
I am looking forward to our rematch next summer!


KIMG1080
川辺の夕べ、足取り軽く帰路に就く。
A pleasant little walk back home along the river.


KIMG1085
帰路のバス停にて、夜のテムズ川。
Changing buses on my way back, with the Thames in the background.

先日、所用でレディングに行ってきました。市内を流れるテムズ川、ケネット川でひょっとすると釣りする時間が作れるかも…との淡い期待は見事打ち砕かれましたが、代わりに図らずも土地のグルメを堪能することとなりました。

An attempted fishing session? in Reading, which turned out to be a gourmet tour.



KIMG0945
大好物のひとつ、フィッシュアンドチップス。
外食自体あまりしませんが、する場合は高確率でこれです。
READINGはTHE LEMON PLAICEという店。
魚はコッド、コッド・ロー(コッドの卵)、ロック、そしてチップスを注文。
ロックは少々生臭く感心しませんでしたが
コッドとチップスは絶品!コッド・ローもなかなかいけます。
日替わりメニューの中にBASAという東南アジア原産のナマズもありました。
チャンスがあったら試してみたい。

I hardly eat out but when I do, more often than not, it's fish and chips.
On this journey, we popped into a chippy called 'The Lemon Plaice'.
We were not impressed by the slightly fishy smelling Rock, a better than average Cod Roe, and Cod and Chips that were absolutely brilliant!
One of the specials was a type of catfish called Basa.
I would like to try it if I get a chance.


1547665478834
ちなみに今までの総合1位は、ACTONにあるSTONES FISH & CHIPS
です。ここのコッド・ローは最高です^^

So far my number one fish shop has got to be  'Stones fish and chips' in Acton.
Everything on the menu is excellent, especially the Cod Roe^^

帰路、地元では有名らしい「Sweeney & Todd」というパイ&パスティの店に寄りました。
パイはなかなかに安い・デカい・うまいで満足しました。

ちなみにこの店名の由来は、イギリスに古くから伝わる話で
「Sweeney Toddという人殺しがロンドンの街に素性を隠して潜伏。彼は根っからの殺人狂、理髪店を隠れ蓑に客を剃刀で片っ端から切り殺す。死体はパイ屋を営む共犯の女がをパイの具にしてことごとく消費し、まもなくその味は評判となり店は大いに繁盛…」

洒落か偶然か、この店の左隣はなんと、床屋でした笑
 
On our way back, we bought pies and pasties at 'Sweeney and Todd'.
The servings were pretty big and tasty, definitely good value for money^^
By the by, whether by intention or not, the shop next door was a barber shop.
So far my number one fish shop has got to be  'Stones fish and chips' in Acton.
Everything on the menu is excellent, especially the Cod Roe^^



KIMG0976
人肉パイレシピほど後味悪くはないでしょうがこれ、
庭で収穫した釣り餌用のミミズです(-_-;)
釣りに出かけられない日は、ミミズを掘ろう…

The earthworms I dug out from our back garden to use as fishing bait.
 Hope the sight of them does not leave as bad an aftertaste as the original recipes for Sweeney Todd's Pie did...

昔訪れた妖しい森とその住人たちの追憶です。撮影場所も日時もそれぞれバラバラ、失念しました。

A compilation of photos I have taken in various places on different occasions.


DSCF0406
妖しの森の奥深く…
Once upon a time, deep in a ghostly wood...


DSCF0535
妖しの谷のそのまた先に…
Over a ghostly valley...


DSCF0567
妖しの湖があったそうな…
There was a ghostly lake...


DSCF0417
菌類…ギンリョウソウ
These ghostly 'flowers'... (which are actually fungi; Monotropastrum humile or Ginryoso).


DSCF0420


DSCF0534


DSCF0370


DSCF0371


DSCF0404


DSCF0397


DSCF0396


DSCF0390
大きなハートはまだら模様...
Out of the ground, a big speckled heart...


DSCF0385


DSCF0378
   業火の如く。
And hellfire!


DSCF0646
いつかどこかの沢で釣ったイワナ(?)。
まさか新種かクニマスか?と思ったほどの変わり種。
Bizarre Ghostly Char? I caught somewhere, some time.
The colour and pattern on it were so unusual that I thought it was a mutation of the species or  'Kunimasu' once extinct in their native
Tazawa Lake, Akita and resurrected in these waters. What it actually was, remains to this day, a mystery.


DSCF0647
変わり種・上から。
That Ghostly Char? from above.


DSCF0557
妖しの湖で釣れたのは、ヒメマスでもタキタロウではなく小さなアブラハヤ。
I had hoped Himemasu (Kokanee Salmon) would adorn my hook, if not the legendary(imaginary?) 'Takitaro' in this lake;  in reality, the only fish I managed to pull out were these tiny Minnow.


DSCF0550
湖の住人
A charcoal dweller in the lake.


DSCF2338
秋が来て、
Autumn falls on the forest but...


DSCF2325


DSCF1117
冬が来る。
Before long, winter follows.


クレーン川を北西に釣り上がってみました。
小物の雑魚ばかりでしたが初めての魚種でしたので満足。

However tiny they are, I was satisfied to catch 2 new species today.


KIMG0950
初ミノー。群が何度も餌のウジムシを突っつくがサイズ16のハリにもなかなかかからないほど小さい。
My First Ever Minnow. They were so tiny that I had hard time catching them even on maggots on size 16 hook.

KIMG0970
初デイス。似た外見のチャブは背ビレと尻ビレは赤っぽく外側に弧を描いているのに対してデイスのそれはグレーもしくは白の半透明で、内側に弧を描いているのが特徴。
My First Ever London Dace.
They have concave dorsal and anal fins, which are greyish/whitish transparent in coulor, whereas similar looking Chub has reddish convex ones.

かねてから昔のメールアドレスの添付ファイルとして溜まっていた写真を整理しようと思っていたですが、月日は流れ…昨夜から思い出したようにやり始めました。

Over some years I have always wanted to sort out the photos in the attached files in my old email account, which I had continued to fail to tackle.
From last night I happened to have the energy to go through them.


CA390643
神宮寺岳中腹から雄物川と仙北平野を望む。
A view of Omono River and Senboku Plain from the foot of Mt. Jinguji, Daisen, Akita.


130410_1209_03
横須賀市大楠山の花。
Wild flowers of Mt. Ogusu, Yokosuka, Kanagawa.


CA390568
鳥海山麓鳥海湖。
Chokai Lake on Mt. Chokai.


140723_1237_01
いつか、どこかでみたヤマカガシ。マムシより毒が強いとか。
Venomous Yamakagashi Snake. They are the most toxic of all snakes in Japan.


130410_1207_01
大楠山散策。
One of the routes that leads to Mt. Oogusu.
 

登山と釣りにはまり始めたころ、ド素人が3度目の遡行で登頂に成功した和賀山塊・羽後朝日岳の思い出です。
初回は2人で、後はソロで。
きれいだった、怖かった、死ぬかと思った笑
もう行くことはないと思うけど、一生忘れません。


Way back in time when I first started to get into outdoorsy activities,
I made four attempts to get onto the top of Mt. Ugoasahi, Waga Mountain Range, Akita/Iwate.
The first try was with one other person, the last two were on my own.
It was unbelievably beautiful and satisfying, but at the same time it was very scary - I even had some near-death experiences.
It will be highly unlikely for me to attempt such dangerous endeavours again, although they will absolutely remain one of the most cherished memories of my life.



121007_1523_02
道なき道を沢伝いに ー地図と写真とコンパスとにらめっこして、迷ったり躊躇ったり引き返したりを繰り返してー 朝日岳山頂へ… そこからまた別の沢に下る。
今みたいにスマホとオフラインで使えるGPSアプリがあったらなあ…

ちなみに、今まで和賀山塊全体では沢登りではありませんが和賀岳、真昼岳、白石岳、大荒沢岳、小影山に登頂しました。
Out in the middle of nowhere, on a ridge of Waga Mountain Range.
There are no trails, but only a maze of streams spread over the range to and from the top of Mt. Ugoasahi.
If only I had had a modern smartphone with a GPS and offline navigation app back then...

Other Waga mountains I have climbed in the past are; Mt. Waga, Mt. Mahiru, Mt. Shiroishi, Mt. Kokage and Mt. Ooarezawa.



120916_1640_01
第一回目の挑戦: 巨大な岩が行く手を阻む。ここで野営、翌朝引き返す。
The first attempt: a gigantic rock, its size as big as a house, stuck in the valley prevented us from climbing up any further. We could not find any way around it so we had no choice but to stay the night at the foot of it before heading back the next morning.


120917_1531_01
The scale of everything in the valley was just gigantic.


121008_1336_01
訪問者
Stag Beetle


120924_1011_03
猛毒トリカブトの花。
The deadliest, poisonous flower in Japan; Torikabuto. 


120924_0938_03
鮮やかな柿色のお腹を持ったニッコウイワナ。
Orange Bellied Char


120924_0930_02
イワナ
Char from above.


120924_0609_03
Smoked char for my dinner, breakfast and lunch.


120923_2056_02



120923_1803_01
お命ありがたく頂戴いたします。
Thank you all for giving up your lives to keep us alive.


120923_1330_02
死の階段。
Stairway of Death.


120917_1556_01
大熊が目の前に落下してきた木。
A huge bear fell from the tree in front of us.


120916_2116_01
A treat after a whole day of walking.


120916_1530_02
マンダノ沢マタギ小屋。
Deep in the mountains, there was a mysterious shed used by Matagi (traditional bear hunters of the region).


120916_1148_03


120916_0931_01

メリークリスマス!

クレーン川は、Moormead and Bandy Recreation GroundからDuke's Riverとの合流点まで(Kneller Gardens)の区間は未踏の地でしたので、クリスマスイブに釣り上がってみました。
大部分がフェンスで囲まれていて釣りは不可能、フェンスの切れ目は浅場ばかり。結局、前回チャブを釣った所でまたチャブを釣って終了。
バーベルに会いたいなぁ。

チャブの釣り場でまたもや赤毛の少年登場、前回とは別の青っ白い子供。この公園は赤毛のいたずら坊主率が高いような気がしますー「釣れたのかよー?」ー
人の釣具を勝手に手に取っては、放り出す…
1984年グラナダTV制作「シャーロックホームズの冒険―ぶなの木屋敷の怪」に登場するちょい役の薄気味悪い少年・ルーカッスルにそっくり笑…

ちなみに
庭の植木鉢に集めておいたミミズが明らかに増えていました…
小さい赤ちゃんミミズもたくさん…
当然ながら、繁殖するんですね。

Merry Christmas !

I had not been explored the stretch on the River Crane between the north tip of Moormead and Bandy Recreation Ground and the confluence with Duke's River at Knellers Garden yet, so I went to check it out.
It was impossible to reach the river except for the occasional slit between fences that allowed me to squeeze through, here the waters turned out to be too shallow to hold any decent fish.
I ended up catching the same old chub in the same old place as I had caught them before.
If only it were a barbel!

At the spot I caught the fish, I was approached by a curious boy, who had the exact same appearance and aura as sinister Rucastle Junior in The Adventure of the Copper Beeches does( one of Granada TV's The Adventures of Sherlock Holmes episodes, 1984)(-_-;)

By the by,
The earthworms that I keep in a pot in our garden have clearly multiplied in the last few days, including many tiny newly born ones...
 Somehow I seem to have neglected the obvious fact that those creatures are fertile(-_-;)



KIMG0847

バーベルとデイスを狙って行ったですが釣れたのはチャブばかり。人気のエリアらしく平日の昼間というのに釣り人がたくさんいました。真っ白の柄無しニシキゴイ(こちらではGhost Carpと呼びます。普通の柄付ニシキゴイは単に「Koi(Carp) 」。)を目撃。ネット情報は本当でした。

My quest for barbel and dace today ended up in me catching only some chub. Despite the fact it was in the middle of the day in the middle of the week the area was overrun with anglers. Moving up towards the bridge on London Road, a Ghost Carp(a white/silver Koi Carp) was seen in the swim.

KIMG0828
釣り人の永遠の敵・水鳥。
Birds: the anglers' nemeses.


KIMG0818
1匹目のチャブ。30㎝ぐらいでしたが大きめのデイスか?と期待して調べてみると、チャブのようでした。デイスはもっと小さくて背ビレ・尻ビレは黒点のある半透明で、ヒレの輪郭は内に向かって弧を描きます。チャブのヒレは赤くて外に弧を描きます。両種は交雑するらしいのでわかりにくいですが…
My first chub of the day. Initially, I, being a novice, thought it was a dace for the slim, metallic and blackish colour.

KIMG0832
2匹目のチャブ。これも30㎝ぐらい。
Another chub of the same size. approx. 30cm.

KIMG0816
不審そうにこちらの様子をうかがう公園の猫。釣りをしていて気配を感じると、いるのはいつもリス。
A dairy cow patterned cat on the meadow.

ロンドン市内を流れる川・ワンドル川(RIVER WANDLE)に釣りに行ってきました。狙いはバーベルとデイス(DACEーウグイの類)。1度はCARSHALTONの源流部~WILDERNESS ISLANDまでの下見、2度目はWILDERNESS ISLANDからテムズ川合流地点(終点)まで10㎞ほどを徒歩で一気に釣り下がってみましたが釣果ゼロにて敗退。3度目の正直はなんと、人生初のウナギでした。朝な夕な、寒空の下を泥んこになって風邪を引いて青っぱな垂らして川筋をさ迷った甲斐がありました笑

鱒釣りの時期にロンドンに戻ってくることがあったら、ブラウントラウトを求めワンドル川を再び訪ねてみたい❕
 

―ワンドル川についてー
ロンドンはCROYDONとCARSHALTONに二筋の源流を発し、合流・分岐を繰り返しながらWANDSWORTHでテムズ川に注ぐ。
この川はとても興味深い―何故かというと
1、ロンドンに発しロンドンで完結する川である。
2、上流域はロンドンの街中にありながらイギリス特有のチョークストリームという石灰質の土壌を流れる清流であり、デイスや冷たく澄んだ水にしか住めない鱒類(ブラウントラウトなど)が生息。
3、中流・下流域はカープ・ニシキゴイ・バーベル・チャブ・ローチ・ウナギ等多種多様な魚種が生息する。特にウナギに関してはワンドル川はテムズ川水系において唯一数を増やしている川である。
4、近年の汚染事故で川の生物が死に絶えるほどの被害を受けた。その後加害者の会社の賠償と原状回復の努力、行政と流域住民と自然保護団体の復旧作業のおかげで見事に鱒の住める清流を取り戻した。現在も毎月第二日曜にボランティアが川に入って川底のゴミさらいをしているらしい。
魚にやさしい川作りのために:川床に鱒類の産卵用に小石を敷き詰めたり、魚の遡上を阻害する堰を撤去したり、魚道を作ったり、川筋を一部変えたりの工事がされている。

これほどまでの手厚い保護と比例して遊漁規則は細かく、禁漁区や私有地、グレーゾーンが入り乱れ、釣り人にとってはけっこう面倒くさい川です。釣行の際は下記の文献及びサットン区ウェブサイトを参考にされるとよいと思います。

Exploring along the River Wandle in pursuit of barbel and dace in the depressing English weather; totally exhausted (walked 10km from Carshalton to Wandsworth on the second trip), I ended up catching nothing but a cold and my first ever EEL after three attempts.
The river is famous for its beautiful, clear chalk-stream in an urban setting. I hope to come back to this river during high season to play with the London Brown Trout.

参考文献:
・AN ANGLER'S GUIDE TO THE RIVER WANDLE
※ウェブに掲載あり。
・サットン区条例
https://moderngov.sutton.gov.uk/Data/Strategy%20Committee/20040405/Agenda/$Report%20for%20item%207%20%20Appendix%20A.doc.pdf


KIMG0805
 初のロンドン鰻。38㎝ぐらいの小物。引きは微妙過ぎてバイトアラームも鳴りませんでした。竿先の微動にあげてみると掛かっていた、という感じ。食べたいけれど…速攻リリース。イギリスではウナギはキャッチ&リリースすることに決められています。日本はウナギの最大消費国…というか一国で種を絶滅に追いやるほどの消費振り…ウナギはうまいが、そこまでして食べる価値があるでしょうか?飽食の時代、他にいくらでも食うものはあるでしょうに…「うな丼」「蒲焼」ースーパーやコンビニ、ファーストフード店でどこにでも見られる宣伝のノボリですがー考えてみると絶滅が秒読みに入ってる動物なんですねー極めて異常な風景に思われます。うーん、手遅れになる前におれにもなんか、出来ることはないかなぁ。
A lovely London Eel,which was released immediately. In Japan, out of ignorance, the public has continued to engage in mass comsumption of the eel, regardless of the catastrophic decline of the species.This race against time has to stop right now!


KIMG0809
ウナギを釣った場所、堰の上。
Upstream of the weir where the eel was caught.


日曜日。午前中の雨が上がり午後からは晴れ気温は最低10℃最高15℃という絶好のコンディション…おまけにかみさんは子どもを連れてお出掛け…となればもちろん釣りです。今日は大物が狙える釣り場として名高いテムズ川はTEDDINGTON LOCKエリアで、コイ科釣り用仕掛けMethod feederを初使用してみようと思い、バスに乗り込んだのですが、…道中スマホで調べているうちに目指す人気スポット・中洲の島WEIR ISLANDは日曜と言うことで過当競争が予想されること、出入口の閉門時間がわからなかったこともあり中止、急遽前回の川を再訪することにしました。
(ちなみにロンドンのバスは一時間以内なら何度乗り換えても料金は1.50ポンド、一日の限度額は4.50ポンドなので経済的です。釣行の際は節約と健康のために往復3ポンド以内に収まるよう、超過する場合はなるべく歩くようにしています。)
14時ごろ川に着くと釣り道具を背負った赤いカーリーヘアのソバカス出っ歯の古典的ないたずら坊主的風体の少年が「こんにちはミスター。釣りしに来たの?それならおいらからアドバイスをひとつ。」といきなり話しかけてきました。「釣りをするならあの堰の下だよ。おいらはこの間こーんなでっかいバーベル(barbel)を釣り上げたんだ。堰の上には大した獲物はいないね。」とのこと。さっそく堰で初のmethod feederを試してみるがアタリなし、堰上に移動。method feeder用の自作の練り餌が悪いのか時間帯が悪いのか腕が悪いのかはたまたその全部か、日暮れまでピクリともしません。ルアーは数日続いた雨による増水で流されてきた枯れ木倒木にひっかかりまくり、イライラはつのるばかり。前回謎のコイ科を取り逃がした場所に至りここでmethod feederには降板してもらい、必殺・庭のミミズをぶっこんでみるとどうでしょう、即アタリが両方の竿に。初めてのカジカ=ブルヘッド(bullhead)に続き、チャブ(chub)らしき魚が釣れました。電柱の明かりの下で釣果の撮影に励んでいると通行人のおじさんがやってきて「何が釣れたんだい?おっ良い型だなぁ、今夜のおかずかい?」…この時点でイギリス人でないことは明確。案の定、南アフリカ人でした。おれ:「いいや、こんな汚染された川でとれた魚は食べないよ。」かれ:「水質は実はそんなに悪くないよ。浄化と再放流が行われたばかりだし。おれの犬を時々ここで水遊びさせるが、彼は具合悪くなったことなんかないしね。」…なるほど、わんちゃんによる毒味か…それは信用のおけるデータですね笑
初っ端なの少年のバーベル談が忘れられず釣り下がってまた堰の下に戻ってミミズを投入…程なく
何かが食いつきました!急いで伸縮網をギリギリ3mほど橋下に差し伸べ魚を捕獲、上げてみると30㎝ちょっとのチャブらしき魚!バーベルではなかったけれど、初物尽くしの釣りを堪能できました。撮影後納竿、20時近く帰りのバスに乗りました。



KIMG0740
初ブルヘッド。
Enter, Bullhead of the Crane.

KIMG0746
おいこら、晩飯中に何すんねん!さっさと水に戻さんかい!
"Excuse me, I was in the middle of my dinner!"



KIMG0736
初チャブ?ローチでなければいいけれど。間違ってたら教えてください。
My first London Chub, hope I got it right. Someone, please confirm.

KIMG0749
本日最大の獲物、堰下のチャブ(?)。
The biggest catch of the day; Chub down the weir.


14時ごろ家を出てバスで1時間ほど、先日通りかかりの釣り人に教えてもらったポイントに行ってみました。灰色の空に霧雨。土曜の街中の喧騒をよそにひっそりとした公園の岸辺。ボートの釣り人がひとり。浮きとルアーで一通り一帯を釣り歩いてみましたが反応なし。16時前日が暮れてボウズのまま諦めて帰ろうと支度していたところ、浮きに反応あり、小さいローチが掛かってくれました。即納竿撤収。テムズ川本流の初釣果となりました。



KIMG0725
今日の釣り場。ベンチには魚のうろこが一面に。
This bench, overlooking the swim, was dotted with scales.



KIMG0727
諦めて帰り際、バス時間までの暇つぶしに投げた仕掛けに掛かってくれたチビローチ。
倫敦の鉛色の曇天のごときおれのこころを救ってくれました。
After many unfruitful hours under the depressing London skies, I was about to call it a day - with my head down - when this tiny guy emerged with a flash of silver to save my day.

子どもが生まれててんやわんや…子育てとはこれほどまでにエネルギーと時間を吸い取られるものでしょうか。
ようやく釣りをする時間を捻出出来たので、かねてより気になっていたTWICKENHAMを流れるテムズ川支流・クレーン川(RIVER CRANE ) という小河川に出かけてきました。ネットの情報では近年数回にわたり川の生物が完全に死滅するほどの汚染事故があったとのことで、復旧のための浄化と魚の再放流が行われたばかりだということです。
バスを乗り継いで15pmごろ川に到着。DUKE RIVERとの合流点辺りから釣り上がる。魚影は思ったよりも濃い。今日は、前もって庭から掘り起こしておいたミミズを餌にしての久々の浮き釣りとルアーの2本立て。開始30分ほどで浮きの仕掛けのほうにアタリが。今日の目標である初のローチ(roach)を釣ることが出来ました。 4時過ぎには日は完全に暮れ、暗闇の中での微小なアタリに合せると、魚種不明の小魚が掛りました。 今度はルアーに何かが食いついた…けっこうでかい…引き寄せてみると4,50㎝のコイ科の魚…ラックサックの中のネットを取り出そうか迷ったが、面倒だったのでネットなしで引っこ抜こうとしたら、案の定?すっぽ抜けました。tenchかbreamかcarpか、もしかしたらbarbelだったかも…悔しいが、ものぐさが招いた完全な自業自得。自分を呪って暗闇の中いつまでも日本語で悪態をつき続ける、今宵もまたこれ狂人の態。その後挽回すべくルアーに絞って1時間半ばかり粘ってみましたが手ごたえなし、19時前に納竿、帰路につきました。


KIMG0675
初ローチを釣った場所。通行人のあんちゃん(実は釣り人)に話しかけられテムズ川の近隣のポイントを教えてもらいました。
The place I caught my first Roach.

KIMG0672
初ローチ。ruddという魚と瓜二つで判別が難しいらしいです。こいつはたぶんローチだと思うが…もしかしたらruddかも。しかも両種は交雑するらしく、ますます紛らわしい。英国の淡水魚は全種類釣ってみたい。
My first Roach.

KIMG0687
     謎のチビを釣り謎のコイ科を取り逃がした場所。木彫りのフクロウと柳の木のそばの橋の下。RIVER CRANE流域にはたくさんの公園や庭園がある。
Kneller Gardens.

KIMG0682
謎のチビ
追記:後でネットで調べてみるとこれはどうもgudgeonという小魚らしい。
成魚でも12㎝ほどとのことなのでこいつも成魚なのでしょう。
https://en.wikipedia.org/wiki/Gobio_gobio

My first Gudgeon.

KIMG0673
暮れ泥む冬の倫敦の岸辺に跳躍する謎の東洋の怪人
Fishing Ninja in London.

DSCF3401
2018年初春の馬見ヶ崎川
Mamigasaki River, early spring of 2018.


DSCF3400
馬見ヶ崎川の美人ヤマメ、山女魚
A beauty of Mamigasaki; Yamame Trout.


DSCF3377
ヤマメの山椒味噌焼
Yamame Trout cooked with miso and Sansho pepper (grown and picked in the wild on the same mountain).


DSCF3372
フキノトウ「バッケ」
'Bakke'; one of the popular edible wild plants (in Japanese '山菜' (pronounced as Sansai); lit.means 'the mountain vegetables'.)


DSCF3574
甑岳の山菜:コシアブラ・タラの芽・アイコ・ヒデコ・ホンナ・ネマガリタケ・バッケ・山椒・ワラビ・イタドリ・ヨモギ。
Assorted Sansai from Mt. Koshiki,Yamagata: Koshiabura,Taranome,Aiko(Nettle),Hideko,Honna,Nemagaritake,Bakke,Sansho,Warabi,Itadori,Yomogi.


KIMG0202(1)
フキとネマガリタケと豚肉の煮物、山女魚とタラの芽・コシアブラの天婦羅、アイコ・ヒデコ・ワラビ・イタドリのお浸しとワラビたたき。
Stewed Nemagaritake and pork in soy sause, Yamame Trout and Taranome Tempura, Koshiabura Tempura, Boiled Aiko/Hideko/Warabi and Itadori, Warabi puree.


DSCF3593
樽石川の滝
A waterfall on Taruishi River, Yamagata.


DSCF3589
樽石川のヤマメ
Yamame of Taruishi River.


DSCF3596
珍しいカジカ
A rare catch, Japanese Bullhead.


DSCF3300
船形連峰の氷瀑
A frozen waterfall of the Funagata Mountain Range, Sendai.


DSCF3290
氷瀑遠景
The waterfall from a different angle.


DSCF2460
仙台市内野池のコイ
The common carp; in Japanese 鯉(pronounced as 'Koi'), Sendai.


DSCF2501
山形県清流のイワナ
Japanese char of a crystal-clear mountain stream in Yamagata.


DSCF2444
仙台近郊清流のアブラハヤ
Minnow caught in Sendai.


DSCF2477
仙台のアブラハヤ
Sendai Minnow.

2018年夏、新婚旅行ではじめての沖縄に行きました。那覇からレンタカーで名護まで。もちろん、釣りは外せません。インターネットで沖縄の渓流魚「ミキユー」(英名JUNGLE PERCH)、下流部のオオウナギの存在を知り、釣ってみたいと思っていました。
川、渓流に出かけて何度かルアーを投げるも、釣れたのは外来種のティラピア2匹だけ。沖縄ではどこでもわんさか釣れる魚とのこと。
夕方、妻がビーチで海水浴しているそばでルアーを投げる…今度は初のマゴチが釣れました。

In the summer of 2018, Okinawa was our honeymoon destination. One of the reasons I looked forward to the trip was because I saw some videos about 'Mikiyu'; a native freshwater predator fish in Okinawa or Jungle Perch and another fish species called Oounagi or the Giant Mottled Eel. These are found nowhere else in Japan but can only be caught in Okinawa's rivers.
After countless attempts with lures, I only caught 2 invasive species; the Tilapia, which are rampant in the waters of the islands and Flathead.
By my pregnant wife enjoying bathing on the beach watching the sunset, I was casting lures in the hope of catching anything, I was finally rewarded with my first ever Flathead.


KIMG0327
道路を横断していた大きなカニ。威嚇してきます。
This intimidating big Crab was intercepted by our car while crossing the road.



1532831103809
釣ることは出来ませんでしたが干乾びたオオウナギの死骸が枯れ木に引っかかっていました。
150㎝はゆうにありました。
Dried up dead Giant Mottled Eel on the twigs. It appeared to be over 150cm in length.


1532831101751
初マゴチ
My first ever Flathead.


1532831093176
ティラピア。後で調べてみると、聖書でキリストがピーターに授けた大量の魚はこいつのことでした。
いつかイスラエルのガリラヤ湖で釣ってみたいと思っていた魚がこんなところで釣れるとは。
Tilapia on a river in Nago, Okinawa.
Ever since I read about the 'St. Peter's Fish' in the Bible - which is arguably assumed to be the Tilapia - I always wished to catch one on The Galilee in Israel. Of all the places in the world, I never thought I would happen to catch one here.

1532831082465
山羊の肉と内臓、野草のソーキソバ。薬膳のような癖のある味わいでかなりワイルドでしたがおれは好きでした。
Soki Soba in goat broth with goat meat, guts and wild herbs, I must say, although I myself enjoyed it a lot, it's not for everyone's taste.

基本的におれは淡水魚の釣りがほとんどなのですが、たまに海釣りもすることもあります。
スズキは河口から何十キロも遡った内陸にも上り、また一生を川で過ごす居着きの「川鱸」もいるそうなので、おれの中ではまあ、川魚として扱っています。

Primarily being a freshwater angler, saltwater fishing has never been my expertise.
I personally categorize the Japanese Sea Bass, or 'Suzuki' in Japanese,
as a kind of  'freshwater species'  because they spend a large portion of their lives in the river. Some of them even come as far as 60kms from the mouth of the river, while others spend their whole lives inland.




KIMG0208
石巻港岸壁で釣ったアイナメ
'Ainame' or the Fat Greenling caught at Ishinomaki Harbour, Sendai.



KIMG0223
石巻港
Ishinomaki Harbour


KIMG0221
メバル
'Mebaru' or the Japanese SeaPerch.


KIMG0220
アイナメ
One of many Ainame caught on the day.


KIMG0211
闖入者1
Unexpected intruder 1


DSCF3716
闖入者2
Unexpected intruder 2



DSCF3712
阿武隈川のすゞき
Suzuki on the River Abukuma, Sendai.


DSCF3666
震災遺構・旧大川小学校跡
One of the ruins of 2011 Tōhoku earthquake and tsunami; Ookawa Primary School site, Sendai.


KIMG0309
鳴瀬川のすゞき
Suzuki on the River Naruse, Sendai.

2018年夏、これまたあこがれて夢にまで見た魚、雷魚釣りに挑戦しました。驟雨のなか、雷閃く宮城県北の沼…いかにも雷魚が釣れそうな雰囲気。何度かルアーを食うがナマズに似て捕食が下手なライギョをことごとく取り逃がしまう。夕闇の中飛び跳ねた大きなライギョのシルエットが脳裏に焼き付いて離れず、翌夜再度挑戦、70㎝のライギョを釣ることが出来ました。暗闇の中ひとり歓喜の叫びをあげ狂喜乱舞、まさに狂気の沙汰。

その後田園地帯に移動、ナマズを釣りあげ、鳴瀬川河口に移動、スズキを釣るというグランドスラムを達成し、満足して翌朝帰宅。

This night was a historic one; a decently sized Catfish followed by a Suzuki - Japanese Sea Bass - in the Naruse estuary.
And in a Sendai pond, measuring 70cms in length, these were preceded by my dream fish, a Snakehead.
WHAT A NIGHT!



KIMG0276
この面構え。まさに日本の淡水モンスターの代名詞。
In the Freshwater Species Division, the All Japan Mean Face Competition Champion!


DSCF3701
英名・SNAKEHEADの名の通り、アナコンダのような柄とにょろにょろ感
It looked, felt, and moved just like an Anaconda.

2018年春、念願のナマズを初めて釣ることが出来きました。以来、晩秋にかけて毎晩のようにナマズを求めて仙台近郊・山形の川、用水路、田んぼを徘徊。

After a few years of unsuccessful campaigns, I finally managed to catch a Catfish in Hakuryu Lake, Yamagata, followed by a series of successful nightly sessions all over Yamagata and Sendai.


DSCF3654
若いメスのナマズ。おれのナマズ史上一番の美人ちゃん。
She is the most beautiful female 'Namazu' (the Catfish in Japanese) I have ever encountered.


DSCF3649
美人ナマズ全景。
The beauty on a frog lure.



KIMG0207
ごめんなさい、釣魚は一度は食べずにはいられないんです。浴槽で1週間泥抜き。蒲焼、天婦羅。
Sorry, I need to eat the species I successfully catch at least once.
Thank you very much Catfish.
It was kept in clean running water for a week before it ended up grilled in sweet soy sauce and tempura.



DSCF3493
山形県白竜湖にて人生初のナマズ。
My first ever Namazu.

近年はちょこちょこ東北各地の低山を登る程度でした。思い出せる限りでは神室山/甑岳(山形県)・新保岳(新潟県)・五葉山(岩手県)・青麻山/石投山(宮城県)・名倉山(福島県)など。その他仙台近郊の里山/登山道のない藪山多数。

This is a reminiscence of the mountains that I climbed all over Tohoku, Japan.



DSCF2296
青麻山山頂より仙台平野を望む
Overlooking the Sendai Plain from the top of Mt. Aoso.


DSCF3433
五葉山。津波の影響で白枯れした木と芝生のような下草しか生えていない、生命感なく全体に白っぽい、それだけに美しくもある山容。
The only plants visible were these pale dead trees and the lawn like weeds, which make the mountain look ghostly but eerily beautiful.


DSCF3440
五葉山の沢で釣ったイワナのディナー。山小屋に泊まりました。一人きり貸し切り。
My dinner of the char(Iwana in Japanese) I caught at the foot of Mt. Goyo. It turned out to be a solitary retreat in a mountain hut by a char stream.


DSCF3428
五葉山のイワナ
Mt. Goyo Iwana.

DSCF3418
五葉山登山道
One of the trails which leads to the top of Mt. Goyo.


DSCF2307
青麻山
Mt. Aoso


DSCF3524
甑岳のイカリガソウ
Ikarigaso flower in Mt. Koshikidake.


KIMG0200
初冬の神室山、山頂の山小屋に一人で泊まる。寒すぎて備え付けの毛布に何重にも包まって酒を飲みながらミノムシのようになって寝ました。
Another solitary stay in the hut on top of Mt. Kamuro in early winter. The hut was wonderfully well-equipped including piles of blankets of excellent quality, with most of which I wrapped myself around like a pupa sucking on my whisky flask.


DSCF3008
夕日。神室連峰主稜線より
Sunset on the top of Mt. Kamuro.


DSCF2989
神室の沢にはワサビがたくさん。少々頂いてすりおろしたり漬物にしたりして食べました。
The Kamuro Moutain range enclaves itself with a spider-web of mountain streams of crystal-clear icy water. Iwana and Sansai such as Wild Wasabi are abundant here, some of which I picked and cooked to eat.


DSCF2038
名倉山山頂。スノーシューとストック使用
The top of Mt. Nagura, Fukushima.


DSCF2030
名倉山山頂より猪苗代湖を望む
A view of Lake Inawashiro from the top of Mt.Nagura.



前日のUXBRIDGE釣行の疲れから今日は1日体を休めようと思っていたましたが、やはり釣りは強力な麻薬、じっとしていられず夕方身重の妻を家に残し釣竿片手にバスに乗り大連合運河へ。釣り場についたころにはすっかり日は暮れていました。冬の夜だというのにずいぶん暖かい。バックパックに用意したジャケットは最後まで羽織ることはありませんでした。日本の東北出身のおれにとってこちらの冬は驚くほど暖かで過ごしやすい。3時間ほど運河を東に釣り上がりました。ぼちゃんとカエルが跳びこむような音がしたので見てみると、1匹のネズミが運河に飛び込んだのでした。この日はうんこを一つ踏み、転んで運河に落ちそうになり、小パーチを1匹釣りました。

ちなみにロンドン市内の釣行にはcitymapperというアプリをスマホに入れ使っています。徒歩・交通機関を含め道順候補を示してくれ、バスもGPS連動で次発便の位置から到着予測時間まで正確にわかります。非常に便利。東京版もあるらしい。これとgoogle mapsがあれば大抵の場所はカバーできそう。



KIMG0581
ロンドンパーチと紅葉
A fit London Perch on beautifully coloured foliage.



KIMG0582
ヨーロッパの冬の夜の運河釣行は乙なもの。うんこも多いしネズミもいるが、遠目にはとてもロマンチック。
A scene of a European urban winter night canal fishing. It is pretty and romantic, despite the occasional encounter with sewer rats and dog remains. 











前回の釣行で知り合ったポーランド人の釣り名人Peterの誘いを受け、4:30pm自宅発、彼のおすすめの川に車で釣行に出かけてきました。彼はおれ以上の奇人変人、アウトドアライフの知恵袋。おれはデッドベイト(餌として使う死んだ魚)の仕掛けを持っていったのですがPeterに即却下され、この日はルアーのみで釣ることに。二人して釣り場から釣り場へ、藪をわけ這いつくばったりよじ登ったりしながら一日歩き回りました。久々の強歩、翌日は疲労と筋肉痛でぐったり。

ワイルドマン・Peter the Pole言行録
・牧草地を通るときは牛糞を見つけるたびにマジックマッシュルーム観察をしている。ガキの頃からおやじに連れられて野山や川を歩き回っていたのでキノコは食用からマジックまで何でも知っているとのこと。
・よいサイズとコンディションの魚を釣るとナイフを持って森に消え、きれいにさばいて帰ってくる。
「魚を持って帰るところ、さばくところをイギリス人に見られるな。やつらにとって釣った魚を持ち帰って食べるというのは奇異かつ受け入れがたいことらしい。ポーランド人にとっては当たり前のことなんだが。イギリス人は独善的で頭がおかしいからな。」




KIMG0575
念願の初ロンドンパイク。ベビーサイズとは言え…釣行開始後8時間、粘った甲斐がありました!
Peterは初っ端にパーチとパイクを釣り上げ、おれは最初のパーチを釣るのに4時間ぐらいかかりました。
My first ever (baby) London Pike, after 8 hours of an unfruitful campaign. On the other hand, Peter the veteran angler caught his perch and pike immediately, making me jealous until I finally managed to catch my first Perch 4 hours into the session.


KIMG0570
小さなパーチ。この日はおれとPeterはパーチをそれぞれ6匹ぐらいずつ釣りました。
One of the 6 Perch that we caught respectively.




IMG-20181114-WA0002
川をまたぐ倒木の上から釣る。ここで最初のパーチを釣りました。30㎝ぐらいの良いサイズ。
The spot I caught my first perch of the day, 30cm in length.



IMG-20181114-WA0006
初パイクを釣った場所
My first pike emerged here.



1542271916818
初めて釣る魚種は食べずにはいられない性分。パイクとパーチのムニエル。普通の白身魚、少しパサパサしています。
Meunièred pike and perch. They were bit dry but pretty tasty.

いろいろと忙しくブログから遠ざかっていました。近年は主な関心事も山登りから釣りに移っていました。

仕事の関係から関東への移住を計画していたのですが、諸事情により頓挫。結果思ったより長く東北に居続けることになったのですが、それがなければのちに英国へと導くことになる出会いもなかったでしょう。人生、本当にどうなるかわからないものですね。

先月上旬、妻の出産にあたり彼女の実家のあるロンドンに移り住んで以来、足繁くテムズ川やその支流、運河を釣竿片手にさ迷っています。もうすぐ子育てで身動きが取れなくなる前に、思いっきり釣りをしようと企んでいたのですが、その通りにしています。

パイクを釣ることは大きな目標のひとつでした。
少しのアタリもなくひと月が過ぎ、もうどんな方法でも何の魚でもよいから釣りたいと思いはじめ、それでも何にも釣れず、半ば全てをあきらめていたところでした。
テムズ川支流のブレント川を釣りあがっていた時知り合った釣り人から、上流で分岐する大連合運河のほうが釣れると聞き、真っ暗になるまで粘った結果、岸辺を這わせたルアーにロンドン初の魚が掛かってくれました。小さなパーチでした。

For a combination of reasons my blog updates have suffered from nagging delays the last couple of years; besides, as the focus of my interests have gradually shifted from mountaineering more to fishing.
To cut a long story short, I got married to an English woman and decided to move from my native Tohoku region of Japan to London, England.
Before I get too busy to do anything else but take care of our expected little boy, I decided to make the most of my last bit of freedom in my new local swims.
There are numerous attractive places in London for an angler; the Thames(obviously) and its tributaries, and canals. Catching stocked fish in a commercial fishery is not really my cup of tea - catching the wild ones in their natural habitat excites me more - even if it frequently turns out to be unfruitful.

Catching London Pike in an urban setting has always been one of my goals, which have over a series of unsuccessful campaigns, been reduced to a desperate wish to catch anything in any way, still proving to be unfruitful.
One day while fishing along the River Brent, the advice of a bloke lead me to Hanwell Locks on the Grand Union Canal, where I caught my first ever fish in London; the Perch.


KIMG0544
 6pm頃すっかり暗くなった大連合運河
At 6pm it was already pitch black on the Grand Union Canal...


KIMG0530
イギリスでの初釣果
My first ever catch in England!

山形県西置賜郡 尖山(900m)、頭殿山(1203m)

東北での本格的な山行を締めくくるに相応しい素晴らしい山でした。
悪路を嫌厭し早々に駐車、林道入口付近から登山開始。
暖かな晴天の下、新緑の朝日連峰を満喫^^

Mt. Todono(1203m) and Mt. Togari(900m), Asahi Mountain Range, Nishi-Okitama, Yamagata.
                       
It was the perfect setting to conclude my mountaineering campaigns in Tohoku.
Absolutely gorgeous scenery with shiny, green shoots under a bright blue sky.

            
DSCF2227
登山口より杉林を抜けると、気持ちの良いカラマツ美林が迎えてくれる
Beautiful Japanese larch trees.


DSCF2184
ほどなく新緑のブナ美林に包まれる
A beech tree forest with their new green shoots. Absolutely gorgeous.


DSCF2141
蠢動の痕跡1
A trace of life in early spring 1


DSCF2228
蠢動の痕跡2
A trace of life in early spring 2; Bear remains.


DSCF2241
エゾエンゴサク
Alpine flowers 'Ezoengosaku'.

DSCF2239
イチゲの類
Alpine flowers 'Ichige'.


DSCF2190
スミレサイシン
Alpine flowers 'Sumiresaishin'.


DSCF2178
イワウチワ
Alpine flowers 'Iwauchiwa'.


DSCF2177
ショウジョウバカマ
Alpine flowers 'Shojobakama'.


DSCF2175
カタクリ
Alpine flowers  'Katakuri'  or  Asian fawnlily.


DSCF2144
タムシバ
Alpine flowers 'Tamushiba'.


DSCF2153
ツツジの類
Alpine flowers 'Tsutsuji'.


DSCF2219
コシアブラ
A wild edible plant,  'Koshiabura'. A delicacy.


DSCF2192



DSCF2194
尖山山頂より頭殿山を望む
Overlooking Mt.Todono from the top of Mt. Togari.


DSCF2123
頭殿山山頂より朝日連峰。中央のピークが大朝日岳
Overlooking the main mountain range of Asahi. The highest of the peaks in the centre is Mt. Asahi.


DSCF2138
山頂からパノラマビュー
A panoramic view from the top of Mt. Todono.


DSCF2250
コシアブラとタラの芽
Popular edible wild plants; Koshiabura and Taranome.


DSCF2256
あく抜きしたワラビ。シオデとタケノコは茹でて食べました。
Cooked Warabi - another popular edible, wild plants or Sansai. Most Sansai has some astringent substance that needs to be removed before consumption.

仙台市太白区茂庭 中身山280m、”隠れ里”高田集落散策
仙台市青葉区熊根 赤沢山300m

Mt.Nakami(280m),Mt.Akasawa(300m), Sendai


DSCF2062
中身山周辺
Mt.Nakami


DSCF2064
カタクリの葉
Katakuri or Asian Frawnlily leaves.


DSCF2070
フキノトウ
An edible wild shoot, 'Bakke'.


DSCF2072
ニワトコ
A wild plant, 'Niwatoko'.


DSCF2065
蔵王
The Zao Mountain Range.


DSCF2083
梅満開
Fully-bloomed Cherry blossoms.


DSCF2076
第一村人発見
My encounter with the first villager of the day.


DSCF2094
赤沢山山頂
The top of Mt. Akasawa.


DSCF2096
ショウジョウバカマ
A wildflower, 'Shojobakama'.


DSCF2103
神社参道から赤沢山を望む
The view of Mt.Akasawa from the path of the shrine that enshrines the god of the mountain.

宮城県名取市那智が丘 高館山・熊野那智神社

三角点はあるのかないのか・・・一応探してみたけどわかりませんでした。
公民館から本殿脇を下って那智滝を見、本田裏への階段を上って周回してきました。
本殿からの仙台湾方面の景色がよかったです^^
 
In the premises of Kumano-Nachi shrine, looking around the supposed "mountain peak" in vain in search of one of those official triangle points installed by the Japanese government.
The view of Sendai harbour from the shrine was impressive.

かわいそうな・・・想像上の動物
27
かわいそうな…想像上の動物
This poor imaginary animal.


09
那智滝
Nachi Waterfall


22
しめ縄された巨木がたくさん
A lot of huge trees belted with "Shimenawa" enclosing the premises.

仙台市青葉区 青葉山 工兵山(202m)~仙台市太白区 金剛沢治山の森

予想に反してなかなか本格的な里山歩きになりました^^
デジカメを持っていかなかったので、スマホで撮影したらぼやーっ、もやーっとした写真になりました^^;
ちなみに青葉山という特定の山はなく、丘陵とその周辺地域全体を指して言う、とのことです(ウィキペディアによる)。

Hiking Mt. Aoba and Kongozawa Chisan-no-Mori Forest.

            
57


06
朝鮮学校(正面)脇の砂利道を青葉山方面に抜ける

28
モミの木がたくさん

08
工兵山三角点

58
東北大グラウンドから太白山
03
くまさんと会いたいなあ

13
配水所付近から八木山


35


35



福島県耶麻郡猪苗代町翁沢 名倉山(なぐらやま 645m)
所用で会津へ。
寄り道して猪苗代湖東北岸にある名倉山に登り、対岸の翁島を見て帰りました。
今年初スノーシュー着用。
人気のコースらしく平日なのに先行者のスノーシュー跡が複数ありました。
往復2キロほどの軽い散歩^^

翁島!いつか上陸してみたい!



DSCF2048
名倉山
Mt. Nagura
                          
DSCF2045
タラノキ、春を待つ
The nation's favourite Sansai (edible wild plants); Taranome, is waiting in its bud for the spring.


DSCF2039
山頂
The mountain top is accessed by a pair of snowshoes and poles in this season.

DSCF2033
山頂より猪苗代湖
A panoramic view of Inawashiro Lake from the mountain top.


DSCF2030
いいね

DSCF2043


DSCF2040



DSCF2020
翁島港、水鳥
Okinashima Harbour, Inawashiro Lake


DSCF2019
翁島港より翁島まで遊覧船で行けます
Okinashima Island is accessible by boat from the harbour if you dare not swim to it.


DSCF2049
湖畔より翁島。岸から一番近いところで30mぐらい?泳いで行けそう。
The closed point to Okishima Island from the bank. Approx. 30m?


DSCF2050
安達太良サービスエリアのウルトラマン。生みの親・円谷英二は福島県須賀川出身^^
A statue of 'Ultraman' between vending machines with the images of other Ultraman characters at the Adatara rest area (in Fukushima) on the Tohoku Tollway. The creator of Ultraman, Eiji Tsuburaya, was from Sukagawa, Fukushima.




仙台市青葉区作並 鎌倉山(520m)

あけましておめでとうございます。
2016年初の登山に行ってきました。
雪は少なくスノーシューは不要でした。

下山後遭遇した近隣のおばあちゃんから
「山さ行ってきたの?こどしはゆぎ降んねえがら、いがったねぇ。上まで登って来たの?偉いねえ~」
と労われました笑

Mt.Kamakura(520m),Sendai

DSCF2017
国道48号線から鎌倉山。登山道はなだらかな背面を回り込みます。正面はご覧のとおり切り立った岩場で、ロッククライミングの名所だとか。
A view of Mt.Kamakura from national route 48. The cliff is a popular rock climbing site.


DSCF2013
仙山線踏切を渡ります
Where the Senzan railway line crosses the mountain trail.


DSCF1970
林道沿いの沢
A mountain stream


DSCF2009
登山口


DSCF2008
天沼(大沼)
Ten'numa Pond

DSCF1972
片目伝説の鮒には会えなかった。鯉もいるそうな。釣り禁止
There are carp in the pond. Fishing is not allowed here.

DSCF1982


DSCF1983
登る
Climbing the steep hill.


DSCF1986
稜線。山頂が見える
The mountain top from the ridge.


DSCF2004
山頂
The peak.


DSCF2001
断崖の縁から北東方面。
A view from the tip of the cliff.


DSCF1999
断崖からパノラマ
A panoramic view from the top.



DSCF1990
北方面。ニッカウヰスキー仙台工場
Overlooking Nikka Whiskey Sendai factory.


Screenshot_2016-01-15-11-42-54
GPS軌跡
The GPS log of the trip.

宮城県柴田郡川崎町 釜房山(384m) ハイキングコース

つづら折りの連続を往復小一時間。


Mt.Kamafusa, Sendai
The round trip to and from the top took less than an hour.


DSCF1967
ウスタビガの繭。成虫はモコモコ毛だらけでフクロウみたいにかわいいやつ。
A cocoon of "Usutabi-Ga". The yellow moth looks as cute and fluffy as an owl.

DSCF1964
The top of the mountain.


DSCF1966
コース中の「いろは坂」より釜房湖
Overlooking Kamafusa Lake from the trail.


DSCF1961
ハイキングコース登山口


DSCF1962
山頂の神社
The small shrine on the mountain top.


山形県金山町 竜馬山(りゅうばさん 521m)

低いけれどアドベンチャー気分を味わえる山は無いかな~、と思いネット検索の結果ここに決めました。

魚清水集落から林道を行き、砂防堤のところに駐車、踏み跡を辿る・・・すぐに道は不明瞭→消滅、目印の赤テープも見失いました。登山道は無い、という認識で臨んだほうが良い山です。
稜線付近で再び踏み跡・赤テープが現れ、山頂まで続く。

途中、なめこらしきおいしそうなキノコがたくさん生えていましたが、
知識のないおれは事故を恐れて泣く泣く採集を断念・・・
特にナメコは似た毒キノコで致死的なコレラタケ、ニガクリタケなどデンジャー過ぎるものがありますので、
生半な知ったかぶりでくたばっちまったらあほらしい・・・
しかし、キノコに詳しくなりたいなあ!
名人のジイサンとかとおともだちになりたい!



DSCF1951
竜馬山の断崖


Screenshot_2015-11-17-18-00-32
GPS軌跡。2㎞足らずの山行ですが、なかなかの冒険ですよ!


DSCF1948
稜線から


DSCF1935
山頂から


DSCF1943
おいしそうな・・・なめこ?


DSCF1950
竜馬山遠景


DSCF1928
なめこでしょう?


DSCF1931
ああ、おいしそう


DSCF1927
初っ端出迎えてくれたカモシカちゃん(中央)


DSCF1958
沢で岩魚水中撮影!

山形県酒田市中野俣 経ヶ蔵山(474m)

47号線:芭蕉ラインをドライブ。
初めて走りましたが、素晴らしかったです。
大河最上川に沿って新庄市から酒田市へ延びる国道-低いながらも急峻な山々が大河の両岸に迫り、多数の滝や支流がそこかしこで本流に合流していました。
船での川下りも有名らしいので、一度体験してみたい。
矢向神社というのはすごい。
47号線沿いに鳥居があり、川を挟んで白い岩肌露わに屹立する崖の中腹に小
さな神社(祠)が祭られていました。
昔の人はどうやってあんなところにあれを建立したのでしょうか?
鳥取の投入堂を想起させる不可思議。

今回の目的地は経ヶ蔵山。
登ってきました。
晩秋の木の実の甘い香り漂う里山を満喫してきました^^
円能寺コース、往復1時間半ほど。
ほどよい運動^^





DSCF1883
最上川越しに白糸の滝、パノラマ

DSCF1880
47号線沿いのドライブイン駐車場より白糸の滝を望む。滝はご神体として祭られている


DSCF1879
中野俣橋より経ヶ蔵山を望む


DSCF1877
経ヶ蔵山 笹も豊富、タケノコも熊の好物。ということはこの山は熊がたくさんいるんでしょうねー



DSCF1873
経ヶ蔵山


DSCF1871
登山口


DSCF1859
経ヶ蔵山頂


DSCF1865
経ヶ蔵山 「胎内めぐり」


DSCF1861
経ヶ蔵山 紅葉


鯉と鯰を求め、川に行きました。図らずも鮭たちの生と死の物語を見届けることになりました。
彼らの生き様、何か胸を打つものがあります。

In the quest for Catfish and Carp, I went to a local river, when I happened to witness the life and death of the salmon.
What drama.


DSCF1853
おれの目の前で最後の力を振り絞ってのたうち回り、高く水飛沫をあげ、逝きました。
With all its might, it wriggled and splashed its last remaining life out, before passing away.

DSCF1849
はるばる太平洋から生まれた川へ、ボロボロに傷つきながら帰郷の旅、命を繋ぎ、そして逝く。
All the way back from the Pacific to where they were born, ragged and hurt, handing down their genes to the next generation... and gone.


DSCF1845
役目を果たし、自然に帰る。
Duty's done, and return to the earth.


DSCF1825
生んだ卵を隠しているのでしょうか
Hiding the eggs under the pebbles.

DSCF1829
潜水艦、浮上中
The submarine emerges.

DSCF1833
ワルツを踊る。
The Walzing Salmon.

DSCF1841
野良で見かけた野良猫ちゃん
A stray kitten.


ぶらっと釣りへ・・・バスひっかけるも、ばらしました。釣果ゼロ

何やらばちゃばちゃと水面が騒がしくなったので「鯉かなー」と思い見に行ってみると・・・
数匹の鮭ちゃんたちが遡上していました!
でかい!
浅瀬に乗り上げて暴れていた鮭ちゃん、触ってみました。
野生の鮭との触れ合い、初めての体験です^^
ちなみに、日本の河川での許可なき鮭捕獲は水産資源保護法で禁止されています!


In the swim I went bass fishing in, I happened to see a school of salmon heading upstream.

DSCF1811
DSCF1809

宮城県名取市
某河川

てんぷらにして食っちまいました笑

Fishing on a river in Sendai countryside.


DSCF1804
濃い夕闇の中まさかのカジカちゃん?登場。
This Japanese Bullhead ended up as Tempura.


DSCF1802
また居やがったかーバス野郎。というか魚君に罪はないですね。放流する人間の問題・・・
Bass caught under a bridge.


DSCF1800
在来組、モツゴ?モロコ?の類とアブラハヤ。
A fish from the Carp family and a small Minnow.

仙台市及び名取市

川を釣り上がってみました。
河口にてハゼ、カニ、
中流で不明の小魚、
上流で外来魚の大きなブラックバス。
中流から上はけっこう清流でした^^



DSCF1796
中流部、モツゴ?モロコ?よくわかりませんが群れでたくさんいました。釣れたのは10㎝ぐらいの魚。ブラックバスに食べつくされないでほしい在来魚!
In the swim, there were a lot of small fish from the Carp family that I could not identify.
Hope those native fish survive the rampage of the invasive Bass!



DSCF1787
大きなブラックバス。この川にもいるのかあ・・・
A big Bass... I did not think this river was infested with these invasive species.


DSCF1785
A school of fish of some kind.


宮城県登米市 伊豆沼、
翌日 仙台市太白区 某野池
釣り

栗原市に出張、仕事が早く終わったので伊豆沼に立ち寄り釣りをしてきました。
渓流釣りの竿と仕掛けで鯉を釣るのはやはり無理ですね笑
途中で4号の糸と鯉針に換えましたが2度ばらして鯉よさようなら。あの力強い引き、たまりません!

翌日近所の池へ。
鯉ちゃんがいるではありませんか。
あの引きをもう一度!・・・
しかし釣果は外来魚ばかり、ブラックバスとブルーギルが大量に。
とはいえ、夕暮れまで楽しく遊ばせてもらいました。

Fishing on Izunuma Lake and some ponds in Sendai.


DSCF1777
おちょぼ口のファイター・ブルーギル
Blue Gill.


DSCF1783
コクチだかオオクチだかおれには区別がつきませんが、とにかく口の大きいブラックバス(ブラックバスとはオオクチバスとかコクチバスの類の総称)
Bass.

山形県山形市/宮城県柴田郡川崎町 八方平、南雁戸山(1485m)

なんとなく思い付きで登ってきましたー^^意外と疲れました
◎ブドウ沢林道分岐点13pm~八方平~南雁戸山15pm~分岐点帰着16:20pm

Happodaira plain and Mt. Minamiganto(1485m), Zao Mountain Range, Yamagata


DSCF1767
ブドウ沢
Budosawa stream.


DSCF1763
紅葉
Coloured leaves.


DSCF1741
南雁戸山頂
The top of Mt. Minamiganto.


DSCF1757
賽の河原のような鞍部からパノラマ。左刈田岳方面、右南雁戸山
A panoramic view of Zao Mountain Range. The peak on the right is Mt. Minamiganto.
DSCF1740
八方平避難小屋
The mountain hut on Happodaira plain.


DSCF1736
ブナを見上げる
Looking up a beech tree.


DSCF1731
ムラサキシキブ
"Murasaki-shikibu" or Japanese Beautyberry.

扇峠周辺山域 及び
神室連峰 1111m峰


鍋越峠を宮城県側から尾花沢に抜ける国道347号線、沢と湖沼に立ち寄りながらドライブ。神室連峰へ。

西ノ又沢口から小又山を目指したが、途中雨が激しくなったため6合目で引き返しました。途中の林道に沢が横断していたり斜面・路肩崩壊している箇所があったので、念のため。帰路を絶たれたり鉄砲水や土砂崩れに巻き込まれたら悲惨・・・近年天変地異が多いのでけっこう用心してます。山ぶどうやマタタビの実、ミズのむかごなんかがたくさん採れました。

As I was driving to the mountains, it started to pour down. On the way, I spotted that the edge of the road had washed away and covered with crumbled mountain soil. I was still going to climb Mt. Komata from Nishisawamata but was forced to come back down at 1111 peak on my way there due to heavy rain.

Despite the adversity, the hike was "fruitful" - I picked loads of Wild Grapes, Wild Kiwi, Mizu and so on to take home and eat.



DSCF1726
栽培種と見紛うばかりにたわわに実った山ぶどう。
These Wild Grapes were as big and ripe as those cultivated ones sold in supermarkets.


DSCF1725
五合目と六合目の間にあります。
The peak at 1111m; the point of return.


DSCF1719
マタタビの実
Matatabi or Wild Kiwi. There are a couple of kinds of them, the most delicious one is called 'Kokuwa', which looks and taste just like cultivated Kiwi. Matatabi tastes too harsh so you don't want to eat it raw but use it to season liquor.


DSCF1724
毛むくじゃらの虫
A fluffy bug.

山形県山形市 富神山(402m)
釣りのついでに。釣果はゼロ笑 山頂から15分ぐらい。

Mt.Togami(402m),Yamagata


DSCF1715
山頂から山形市
A view of Yamagata-city from the mountain top.


DSCF1713
山頂
The shrine on the peak.


DSCF1709
登山口:山王口

仙台市太白区・青葉区、林間散歩
前林山(青葉区。名称は「みやぎ里山文庫」による。205.3m)

早朝、軽く散歩のつもりで出かけましたが、結果的に16㎞歩き山に登ることになりました。スマホアプリ「山旅ロガー」で歩行軌跡を記録したのですが、情けないことにパソコンとデータ共有の仕方がわからず、アップ出来ずです笑


Mt. Maebayashi(205.3m) and the surrounding woods, Sendai.



KIMG0160
出発点&ゴール:八木山の天照皇大神宮・・・名前と対照的にとっても小さい


KIMG0158
前林山へ。沢沿いに登ります


KIMG0143
太白山の鳥居


KIMG0142
太白山
Mt.Taihaku

さわやか林道歩き
KIMG0145


KIMG0154
スギヒラタケ。汁物の具などにするとうまいが・・・今や毒キノコに分類される。
Sugihiratake Mushroom. In Tohoku, these have been a delicacy for the longest time.
Now they are classified as poisonous - what a shame!


KIMG0138
太白山自然観察の森


KIMG0141
毒々しいやつが雨後のタケノコのようにそこかしこに顔を出す。みんな一様にでかい!


KIMG0136
佐保山地区から太白山
A view of Mt.Taihaku


KIMG0147
地上の星


KIMG0140
見るからに毒でしょう


KIMG0151
前林山三角点
The triangle point indicates the top of Mt. Maebayashi.


KIMG0135
A map of the Saboyama area.

仙台市太白区八木山 恐竜山(標高不明)

 登り口より3分ぐらいで広場に着きます。広場の奥に手作りの山頂を示す木札、鳥居があります。 こんな小山にも山名があり神様がちゃんといることに、びっくり(^_^)
 付近の木にはたくさんスズメバチがブンブン飛び回ってました、危険!

The top of the mountain, where a small shrine stands, was infested by an army of Japanese Giant Hornets...!


image
A shop named after the mountain.


image
Japanese Giant Hornet - the biggest, deadliest, venomous bee in the world.


image
A view of the mountain.

image
There are a lot of trees with their name tags on. Pretty educational.

image
Hornets...

image
...After Hornets!!

image


image
The peak

image
The Shrine.

image


image

仙台市青葉区大倉 岩倉山(419m)
大倉湖を囲む山々のうちのひとつに登ってきました。
夏に登山道のない藪山など登るものではありませんね
草ぼうぼう、蚊に刺されまくりました笑

Mt. Iwakura(419m)

I got pestered by mosquitos, which covered me in bites.
It is absolutely not advisable to climb mountains with no trails in the summer(-_-;)


DSCF1708
雨雲急を告げる大倉湖
Okura Lake. Mt. Iwakura is one of the mountains surrounding the lake.


DSCF1703
左のピークが高柵山、右の最高地点が岩倉山
The left peak is Mt. Takasaku, Mt. Iwakura to the right.


DSCF1702
The triangle point at the top of the mountain.

スマホに登山用アプリ「地図ロイド」「山旅ロガー」をインストールしてみました。
また、滑りにくい靴底で特許を取得したという「日進ゴム」社製の作業安全靴を沢登り用に購入したので、それらの実地試験を兼ねて、仙台市太白区八木山近辺の三角点巡りをしてきました。蚊に刺されまくりました。


◎八木山本町の172.6m峰
◎御堂平(仙台西高の裏山。116.1m)
◎三神峯(三神峯公園内三角点66.5m)


One of my hobbies is a quest for ''Triangle Points" set by Kokudo-chiriin or Geospatial Information Authority of Japan, which is often an indication of a mountain top.
The other day, I went around to find some in an area in Sendai.



cfe786f0-s

1.日進ゴム社製「忍Ⅱ」4000円前後。沢でも威力発揮してくれるかな?
Newly purchased "Shinobi Ⅱ" boots. They are not actually made for shower climbing but as a work boots. However, they are cheap (4000 yen) and the material used in the sole is slip-proof, which has been patented, which should also work perfectly in a mountain stream situation!

f55d9fd5-s

2.出発。八木山本町住宅地


52

3.振り返って八木山界隈

21b6575f-s

4.登っていくと

c58cb411-s

5.172.6m峰三角点ありました

6395b947-s

6.八木山は最近も熊出没騒ぎがあったようです

a50043a6-s

7.御堂平 仙台西高校門脇登山口

945d5024-s

8.本格的な登山の雰囲気

eb384abb-s

9.御堂平116.1m三角点

12d795c6-s

10.東側住宅地から御堂平を望む

22579566-s

11.三神峯公園

2e5204d9-s

12.三神峯66.5m三角点

↑このページのトップヘ